スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさいいためだっきゃくかつどう1

それしか作れないのをそろそろ脱却しようといろいろ試している
結局野菜炒めになっちゃってるんだけどね
そんな脱却活動のとある1ページである

とはいえ、今日は少し違う
メインは肉!!
焼肉プレートみたいなのをイメージしつつ肉を買って調理開始

・・・の、まえに汁物から
野菜を塩コショウでいためる
ここまではいつものパターン、しかしこれはあくまで汁物
なんと、鍋で炒めていたのである!!
鍋特有の底深さを利用し、水をコップ2.5杯分いれたのだ
沸騰したのを見計らい、コンソメを適当に入れる
これはカレーの作り方を応用したものだ
そんな感じで野菜スープの出来上がり
ちょっと薄かったけどそれっぽくなってよかった
(ピーマン入れちゃったけど、これ汁物に合わないね・・)

と、ここまでは予定通り野菜炒めにはならず

次はメインの焼肉プレート
肉がメインでモヤシ等がちょこんと乗っかってるイメージだ
野菜炒めに変貌する要素が全くない
材料は
ピーマン1
たまねぎ1/2
にんじん1/4
もやし1/3袋
キャベツ1/6
肉1パック

実はこの中に野菜炒めと変貌させようと企む伏兵が潜んでいた
そんなことは全く気にも留めず、野菜を切る
キャベツは自分の手が2.5個分だったのにもかかわらず・・

切り終わった段階で肉を先に炒めるか、それとも野菜かで考えていた
判定基準は、よりおいしく肉を食べれるほうである
よって、野菜を先に炒め、肉をあつあつの状態で食べることにした
フライパンに油を引き、少し熱する
それなりに温まったところで野菜を投入

ここであることに気づいた
『これっていつもの野菜炒めと同じ光景・・』
・・・

こういうところでポジティブなのが自分の長所
『野菜の上にちょこんと肉が乗っかってれば、それはそれでメインが肉というのを強調できる・・!』と考えたのだ
適当に塩コショウを振りまき、またあることに気がつく
『この量の野菜を、この薄味で食べるのか?いやいや、勘弁して頂きたい』
なんと中華のもとを入れたのだ
もう完全に野菜炒めである
が、未だに肉の下で肉を強調するための野菜と思っている

野菜を炒め終わり、ついに肉を焼くときがきた
事前に付属の塩コショウをつけておいた肉だ
ステーキ用とか書いてあったがそんなことは気にせず、肉に味がつけばいいとだけ思っていた

肉を焼く
当然油が出てくる
その油の量を見て、野菜と絡めたくなった
すでに炒めた野菜を少し投入する
皿に盛る・・

その焼肉プレートとなるはずだった皿は誰が見ても野菜炒めであった

ここで学んだのは、多けりゃいいってもんじゃないということ
そして、無理にモヤシ等をいれるのではなく、モヤシのみにしておくべきだった
肉を焼いているときに出る油にモヤシを絡ませればいい具合に仕上がっただろう・・

次こそは野菜炒めを脱却したいものである

でも次回はないかもしれない
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

べ

Author:べ
3DSとWiiUがほしい

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。